自宅でもできるニキビケア

ニキビが悪化する前に皮膚科で相談した方が良いのですが、基本的な対策はホームケアです。

そこで、ホームケアで取り入れたい成分などについてご紹介します。

まずビタミンC誘導体について。 美肌を作るために欠かせない栄養素としてビタミンCが挙げられますが、ビタミンCを直接肌に塗ったとしても非常に浸透率が低いのです。

ビタミンC誘導体等は、そんなビタミンCの透過率を高めて安定させた成分のこと。

活性酸素を除去したり、真皮のコラーゲンの生成を助けてくれる働きを持っています。 また、ニキビの原因の一つとして皮脂の過剰分泌が挙げられますが、ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する働きもあるため、できてしまったニキビの治療だけでなく予防にも役立ってくれるでしょう。

通常のビタミンCよりも肌に浸透しやすくなったのがビタミンC誘導体ではありますが、これをさらに浸透しやすくするためにおすすめなのがイオン導入という方法です。

イオン導入器と呼ばれる特殊な機械を使って微弱な電流を肌に流しながらビタミンC誘導体をイオン化してスキンケアを行います。 これにより浸透率が50倍以上に高まるので、効果的にビタミンCを取り入れたいと思っている方はイオン導入についても考えてみましょう。

次に、レチノインを取り入れたホームケアもおすすめです。 先にビタミンC誘導体についてご紹介しましたが、レチノインはビタミンAの誘導体です。

ビタミンCと同じく皮脂の分泌を抑制したり、コラーゲンの生成を促す働きを持ってます。

医薬品扱いとなるため、皮膚科や美容外科で処方してもらいましょう。 使用にあたって妊婦は避けた方が良いなどいくつかの特徴があるため、処方してもらった病院の説明をよく聞き、正しい方法で取り入れることが大切です。

これらの成分を毎日のホームケアで取り入れてみてはどうでしょうか。 ニキビケアはエステや皮膚科に行かなければできないというものではありません。

丁寧なホームケアを取り入れることによりニキビを予防したり早く治療することができます。

ページの先頭へ