ニキビができやすい箇所と原因

身体にはニキビができやすいところとそうでないところがあり、それぞれ にニキビができやすい理由があります。ここではニキビができやすい箇所と その原因について説明します。

一番目はTゾーンです。 眉毛から眉間・鼻筋にかけての所謂Tゾーンは皮脂腺が発達しています から皮脂の分泌が多いです。 特にホルモンバランスが不安定なティーンエイジやオイリー体質のお肌の 人は皮脂腺が多いので皮脂分泌が過剰になり毛穴が詰まりやすくニキビが できてしまいます。

洗顔時にTゾーンのみを二回洗ったり脂取り紙を使って皮脂を拭き取ったり、 皮脂の原因になる甘い物を控えるようにしましょう。

二番目はあごや首の部分で、男性ならば髭が生える部分になり男性ホルモン の感受性が高い部分でホルモンの影響からニキビがでやすくなってしまいます。 女性でもこの箇所は男性ホルモンの影響をうけやすく、頬杖をついたりする 癖がある場合には刺激になってニキビができやすいです。

三番目は口の周辺で、食べ過ぎたり油が多い物が好きな偏食傾向にある 人達は胃腸が弱ったりするとニキビができます。炭水化物・糖質・脂質は ニキビの原因物質ですから暴飲暴食をしないようにし、<腹八分目>を 意識しましょう。

四番目は額のニキビですが、これは大人ニキビよりも思春期ニキビに多く 見られ、思春期特有のホルモンバランスの乱れや前髪の毛先の刺激や シャンプーの洗い残しによってニキビになったりします。

額にニキビができやすいならば前髪を短くしたり、前髪を上げるヘア スタイルにして額に毛があたらないようにするとニキビ予防になります。 洗髪は丁寧にしていても、すすぎになると意外と適当な人達も多いよう ですが、洗う時間よりもすすぎに費やす時間を長くして念入りに洗剤を 洗い流しましょう。

五番目は背中ニキビで、鼻や額と同じく皮脂腺が多いのでニキビができ やすいです。入浴の時も背中は洗いにくい部分ですからケアしにくいと いう原因も考えられます。 背中は比較的汗を書きやすいし、化学繊維の下着を着用していると 通気性も悪く汗がたまりやすいですからニキビができやすくなります。

以上、ニキビができやすい箇所とその原因について説明しました。 背中ニキビについてはホルモンバランスの乱れでもできやすくなり、 内向的な性格の人にもできやすいといわれています。

ページの先頭へ