ニキビができやすい食べ物は控えましょう

ニキビが顔に出来ると嫌なものですが、食事によっても出来やすく なったりますから、ここではニキビができやすい食べ物をご紹介 いたしましょう。 まずは、炭水化物のお米・パン・麺類・ジャガイモなどの過剰摂取には 注意しすることです。

炭水化物は糖分に分解されることにより、糖分が油分になって 皮下脂肪として蓄積されて皮脂の材料になり、食べ過ぎるとニキビの 原因になる皮脂の分泌が多くなります。

炭水化物は食べやすい食材ですので多く摂取しがちですから注意を しなければなりませんが、通常の摂取量であれば問題ないですし 炭水化物そのものがニキビに悪影響があるわけではないです。

チョコレートやケーキなどに代表される糖分が多く含まれる食べ物も 糖分から油分に変わって皮脂の材料になります。 甘い物はついつい手が伸びてしまいがちですがニキビ予防には食べ 過ぎないようにしましょう。

甘くないお煎餅とかおかきなど餅米が原料であるものや食パンも 糖分が多い炭水化物ですから過剰摂取に注意してください。 揚げ物・牛や豚や鶏の動物性脂肪は血液中の中性脂肪を増加させて 皮脂の分泌を増加しますから、揚物を控え目にして牛肉や豚肉では なく魚介類を食べると良いでしょう。

魚類の油はEPAやDHAが含まれていますから血液がサラサラになり ニキビ対策には有効です。スナック菓子やナッツ類の脂分が多いです から食べ過ぎないようにしましょう。 辛い食べ物は刺激が強いですから胃が荒れたりして内臓に負担が ありますからニキビには良くありませんし、血行を促進しますから ニキビの炎症を悪化させてしまいます。

辛い物を摂取する中国人や韓国人はお肌が綺麗と言われそうですが、 本来日常的に辛い物を食べる習慣がない日本人とは体質が違っている のだと思います。 海藻に含まれているヨウ素(ヨード)は甲状腺ホルモンを作るための ミネラルですがニキビを悪化させてしまいます。

フッ素・塩素・臭素などのハロゲン元素と同じで、身体の内部に入る と皮脂腺から排出されるのでニキビの原因になります。 大人ニキビに悩む人達の原因になるのは飲酒もあります。 お酒はニキビの原因になる糖分をたっぷりと含んでおり皮脂の代謝を 促進するビタミンB群を消費してしまいます。

また夜遅くまで深酒をすると内臓への負荷もかかり生活にリズムが 崩れてしまい身体に強いストレスもかかります。 飲酒の量はほどほどにしておいて、皮脂で顔がテカテカしていないか チェックしておきましょう。

以上、ニキビができやすい食べ物をご紹介いたしましたが、 過剰摂取に注意をすることです。

ページの先頭へ